しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
めんどりヒルダ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めんどりヒルダ

作・絵: メリー・ウォーメル
訳: ほんじょうまなみ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,300 +税

「めんどりヒルダ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「めんどりヒルダ」シリーズ3部作第1弾! 本上まなみ初の翻訳絵本。ある日、めんどりヒルダは、たまごを産みにニワトリ小屋へ行ってみました。でも、にわとり小屋は他のにわとりでいっぱい。「ここでたまごはうめないようね。どこかほかの場所を見つけなくっちゃ」そういってヒルダは次のところへと出かけていきますが、ある場所には子ねこがいたり、ある場所には馬がいたり……。 果たしてヒルダは無事ひなをかえすことが出来るのでしょうか? お子さまへの読み聞かせにピッタリの絵本!

ベストレビュー

こわい、こわい

描写のしっかりした版画絵です。

めんどりのヒルダが、たまごをうむための場所をさがしています。「まあ、ここはいいみたい。」と、ヒルダがすをつくりはじめますが、そこには、ねこがいたり、うまがいたり、なかなかよい場所がみつかりません。
はたして、ヒルダは、無事ひなをかえすことができるでしょうか。

ページをめくるたびに、ヒルダはいろいろな災難にあいますが、そのたびに、ドキドキします。
娘は最初「こわい、こわい。」と言っていました。ヒルダの気持ちになっているのかと思ったら、「絵がこわかった。」とのこと。(笑)つまり、あまりにもリアルな絵だったからでしょう。
最後に、ヒルダは安心してたまごをうみ、たくさんのひながかえりました。娘はこれがとても気に入ったらしく、ひなの紙人形を作ってくれとせがまれました。
娘は、気に入った絵本があると、いつも紙人形にして遊ぶのです。
おかげで、私は、ヒルダとたくさんのヒヨコを作るはめになりました。(笑)

ちなみに、この絵本は、ほんじょうまなみさん訳、2004年7月10日に新風舎からでています。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

メリー・ウォーメルさんのその他の作品

めんどりヒルダのこわいよる

ほんじょうまなみさんのその他の作品

ほんやのいぬくん



寝かしつけに最適な水中絵本

めんどりヒルダ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット