なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
しょうがっこうへ いこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しょうがっこうへ いこう

  • 絵本
作: 斉藤 洋
絵: 田中 六大
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年02月15日
ISBN: 9784061324961

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小学校ってどんなところなんだろう? 幼稚園とどこが違うのかな? 授業って難しいのかな? 給食っておいしいのかな……? 入学を控えて、不安や期待が入り交じった新1年生に読んでもらいたい、小学校の1日の生活がすべてわかる1冊! 迷路や、間違い探し、数当てクイズ、探し絵など、遊んで学べる「小学校ハウツー絵本」です。

■作/斉藤 洋さんからのメッセージ
『しょうがっこうへ いこう』は小学校の案内絵本です。案内本といえば、旅行の案内本に、「いちおしレストラン」というのが載っていて、行ってみると、この食材でどうやったらまずく料理できるか、三日間考えぬいて作ったような料理が出てくることがあります。「いちおし」は「一押し」ではなく、「一惜し」ということだったのでしょうか。
『しょうがっこうへ いこう』の読者の皆様がそんな思いをなさいませんように……。

■絵/田中六大さんからのメッセージ
僕は人見知りで、新しい環境に入っていくのがかなり負担な子どもだったので(まあ、今もですが)、こういう絵本を読んで遊びながら小学校への期待感を高めることができれば良かったなと思いました。そんな、入学前にがちがちに緊張している自分のような人達が楽しい気分になれるといいなと思って絵を描きました。
そういえば、この絵本の朝礼のシーンを描いていて、小学校の朝礼のときおしっこを漏らしたことを思い出しました。でも、テキトーなことを言ってごまかしたので大丈夫でした。この本を読む小学校入学前の皆さんには、学校でおしっこを漏らしても別に平気だし、むしろ大人になったとき良い思い出になるので一回くらい漏らしてみれば? と言いたいです。いや、無理に漏らさなくてもいいですが。当時の自分は知りませんでしたが、この絵本によると保健室にパンツもあるみたいですよ。

しょうがっこうへ いこう

ベストレビュー

入学を控えた子にはぴったり!

来春1年生になる息子にと、図書館で借りました。
普通のお話スタイルではなく、遊びながら小学校について学べる絵本です。
間違い探しをしたり、校長先生を探したり、いろんな教室や授業についても知ることができます。そして通学路の注意まで書かれているのも、親としては嬉しいところ。「道路でこんなことしちゃ危ないよね」と親子で一緒に再確認できます。
なんど読んでも楽しいらしく、6才と4才の息子たちに毎日毎日「これ読んで」と言われます。入学を控えたお子さんにはイチオシですよ!!
(環菜さん 20代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / 空で出会ったふしぎな人たち / ふしぎパティシエールみるか しあわせレインボー・パウダー / ちいさなはなのものがたり  / きんたろうちゃん / ねがえり ごろん

田中 六大さんのその他の作品

3つのぼうけん いっすんぼうし ジャックとまめの木 シンドバッドのぼうけん / 給食室の日曜日 ゆれるバレンタインデー / わかれのことば / おとのさま、スキーにいく / うめちゃんとたらこちゃん / のんびりやのサンタクロース



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

しょうがっこうへ いこう

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット