だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ガタガタ村と大ナマズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガタガタ村と大ナマズ

  • 絵本
文: 山王三・四丁目自治会
絵: 寺田 順三
出版社: Z会

本体価格: ¥1,200 +税

「ガタガタ村と大ナマズ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784862900951

A4判/本体 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

東日本大震災から1年。親子のための防災指南が絵本で登場!
いつ、どこで発生するかわからない大地震。事前に対処可能な物理的備えの必要性とともに、有事の際の臨機応変な判断力・行動力の重要性を、絵本を通じて語ります。子どもたちには本当の生きる力を、保護者の方には自らと子どもを守る術を身につけてほしい。未就学児への読み聞かせ用にも最適です。
.企画、制作は実在する町の自治会というユニークな生い立ち。
企画、制作は東京都大田区山王三・四丁目の自治会。活発な自主防災活動から、東京消防庁より「防火防災功労賞最優秀賞」を受賞。テレビ、新聞などメディアにも多数取り上げられています。当絵本は東日本大震災前の2009年に企画するも費用面で頓挫。Z会の協賛によりこのたびの発刊に至りました。この町の防災への熱意が絵本から溢れています。
.イラストは人気の作家、寺田順三氏。防災のスペシャリストが監修。
イラストレーターは、阪神・淡路大震災の体験者であり、書籍、絵本、広告、雑貨制作など多岐に渡る作品を手がける寺田順三氏。監修は関西大学の河田惠昭教授とNPO法人プラス・アーツ理事長の永田宏和氏という防災教育の第一人者。自治会の熱意に共感いただいた、他に類を見ない顔ぶれです。
.売上の一部を震災孤児に寄付。
当絵本の売上金額の一部を、自治会とZ会から「ハタチ基金」へ寄付します。

ガタガタ村と大ナマズ

防災を訴える自治会長、鈴木英明さんを取材した、突撃インタビューはこちら >>>


ベストレビュー

何ができるのかな。何をしておくべきなのかな。

全ページ試し読みで読ませて頂きました。

大地震が来る前に
自分には何ができるのかな。
何をしておく必要があるのかな。

自分だけで、また、家族でできることや
そこ(市町村や自治会単位)に住む人たちが協力することでできることは
どんなことがあるのかな。

読み終わってそう思いました。

子どもにこの本を与えたり 読んであげたりする時は
自分の中にこれらの答えをしっかりと見つけて
(または、読みながら子どもと考えるのでもいいのかもしれませんが)
行動に移せる覚悟というか 心の準備が必要だなとも思いました。

日本のどこに住んでいても
こういう大地震に見舞われる可能性は高いのに
どこか現実味に欠けるというか
今日明日のことではないと 
心のどこかで思ってしまっている甘い自分に
ピリッとくる感じでもありました。

展開はイソップの寓話「アリとキリギリス」似ていて
小さい子どもにも分かりやすそうです。
絵は「幸せの絵本」シリーズの表紙を手掛けている寺田順三さん。
動物たちがとてもかわいらしいです。
(西の魔女さん 40代・ママ 女の子18歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺田 順三さんのその他の作品

ようこそ ぼくのおともだち / カルルとふしぎな塔 / ボクらはオコジョのおまわりさん / タビのゆうびんやさん / ふたごのこぶた ブブとププ / ミロとチャチャのふわっふわっ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ガタガタ村と大ナマズ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット