もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」

  • 絵本
編者: 3/11Kids Photo Journal
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥952 +税

「3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年02月23日
ISBN: 9784062172790

A24取 119ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

この本には、子どもにしか撮れない写真、書けない文章がたくさんつまっています。

東日本大震災の被災地に、デジカメを抱えた33人の子どもたちがいます。
「仮設住宅に住む人たちの笑顔を撮りたい」
「津波で流された父の寿司屋が、再建する様子を記録したい」
「放射能から逃れるため引っ越した親友に、ふるさとの様子を見てほしい」
メンバーたちは被災後の日々を、何を見つめ、何を思いながら過ごしているのでしょう。小1から中3までの少年少女のまっすぐな思いを、世界中の人たちに届けます。

■キッズフォトジャーナルとは
「3 / 11 Kids Photo Journal」は東日本大震災で被災した子どもたちが写真と文章を使い、3 / 11のその後を世界に向けて定期的に発信するプロジェクトです。岩手・宮城・福島の3県の子どもたちが、プロの写真家のサポートのもと、写真を撮影し、言葉を綴ります。
http://www.kidsphotojournal.org/

参加メンバーの作文より――
●4月に妹が生まれて、9人家族になりました。名前は和花(のどか)です。平和にくらせるようにとつけたそうです。わたしの家族はあいじょうにつつまれています。(岩手県 小川留以さん 小3)
●水は出ない、電気もない……。生きるのに精一杯でした。そんななかで一番印象に残っている場面があります。それは、「ふだんから、僕たちを引っ張っている大人が、泣いている」ところです。(宮城県 佐藤翔太くん 中3)
●この震災で学んだ事となくした物、手に入れた物は多すぎて、子供の僕の手ではあふれ出るくらいです。これだけの事はもうないでしょう。だからこれは人生を早めに勉強したんだと思います。子供には早すぎる人生の。(福島県 渡部有麻くん 中2)

3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」

3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」

被災地でデジカメを抱えた33人の子どもたち。3/11キッズフォトジャーナルのメンバーは被災後の日々を、何を見つめ、何を思いながら過ごしているのか。子どもにしか撮れない写真、書けない文章が詰まった1冊。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、福島の小中学生33人が撮影した「希望」

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット