すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
不思議な文通 グリフィンとサビーヌ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

不思議な文通 グリフィンとサビーヌ

  • 絵本
訳: 小梨 直
著: ニック・バントック
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥2,427 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「不思議な文通 グリフィンとサビーヌ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784309202044

B5変形 46頁

出版社からの紹介

謎の女性サビーヌから画家のグリフィンのもとにきた一通の絵はがき。そこから2人の奇妙な物語が始まった。本の中に本物そっくりの絵はがきと封筒を再現した不思議な絵本/小説。

ベストレビュー

ミステリアスな恋愛ストーリー

絵本というよりは小説(?)といったほうがいいくらい、読み応えのある本です。
大学時代、友人にプレゼントしてもらったもので、当時は辞書を片手に読んでいたんですが、後になってこの絵本の日本語版が出ているということを知り、訳本を読んでみることに。

原書で読んでいたときより、話の内容がクリアーになりました。
(改めて、英語力不足を実感・・・)
内容は、一人の孤独な画家と不思議な女性との手紙のやりとりを通して描かれた恋愛ストーリーなんですが、とにかくミステリアスなお話で、最後まで謎に包まれています。でも、その分、いろいろな解釈ができて面白い。

中身は、本物の手紙形式になっているので、まるで主人公になったような気持ちで読むことができます。
封筒やポストカードに描かれている幻想的な絵にも、主人公の心理状態が反映されていて、非常に興味深い。
中にはちょっとグロテスクな感じのものもありますが、人間の心の光と影を描いたこれらの作品、個人的にはとても惹かれるものがあります。


(まどかめさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小梨 直さんのその他の作品

つちづくり にわづくり / ゆきのうえ ゆきのした / Shift シフト / チョウの宝もの / 図書室からはじまる愛 / 地球のこどもたちへ



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

不思議な文通 グリフィンとサビーヌ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット