あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ごはんよごはんこぶたちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごはんよごはんこぶたちゃん

  • 絵本
文: うしろ よしあき
絵: とみなが ゆう
出版社: 赤ちゃんとママ社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月15日
ISBN: 9784870140714

この作品が含まれるシリーズ

こぶたちゃんシリーズ みんなの声大募集!
こぶたちゃんシリーズ みんなの声大募集!

ベストレビュー

お食事タイムは格闘タイム!?

息子が赤ちゃんだったとき、離乳食の時間はまさに
格闘タイムでした。
椅子の下には新聞紙を敷き詰め、スプーンは10本用意、
タオルに雑巾を用意して、いざっ!!
しかしスプーンは笑いながら片っ端から投げられ、
新聞紙の死角をねらいおかゆをふっとばされ・・・

はたしてどれくらい口に入ったのやら・・・
終わると上から下まで全部お着替え、
髪の毛はかぼちゃとヨーグルトまみれ。

そばで見ていた友人に「私に子育ては絶対無理!!!」
と言わしめるほど・・・。

それでも一度も怒らず付き合っていたせいか
いつしか自分でキレイに食べられるようになっていました。

今では格闘というより大事なコミュニケーションの時間だったのかな
と思えるようになってきました。

赤ちゃんのときって今から考えると本当にあっという間。

食事もうんちもいたずらも、傍からみると
「うえ〜、あんなことまでするの〜」ってげんなりでしょうが
このこぶたちゃんの絵本のように、両親からみると
全て「ほほえましい」出来事。
(その時々はとても大変だったりはしますが)
読み聞かせにもいいですが、子育てが一息ついて
あの時は大変だったけどたのしかったな〜と振り返るのにも
ぴったりな絵本だと思います。


ちなみにそのときの友人も今ではしっかり、子育て格闘しています♪
(いちりんのはなさん 30代・ママ 男の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


うしろ よしあきさんのその他の作品

ぱっぴぷっぺぽん / うんちうんちのこぶたちゃん / あそぶのだいすきこぶたちゃん / どおーこだどこだ? / なあんだ なんだ? / だあれだ だれだ?



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

ごはんよごはんこぶたちゃん

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.28

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット