くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
火の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

火の話

作: 黒田 征太郎
出版社: 石風社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「火の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

火の神から火を与えられたニンゲンたち、火の神は1つ約束をした。「火を使って殺し合いをしてはならぬ」と…。ニンゲンにとって火とは何か。宇宙や神話という永い時間の中で考えてみたいという思いからできた絵本。

ベストレビュー

3.11原発事故へ

表紙の絵にただならぬ迫力を感じます。
3.11原発事故を見据えた作品となっています。
古代、ニンゲンが火を得るところから話は始まります。
火の神は微力なニンゲンたちを哀れみ、
ニンゲンの「知恵」を信じ、「火を使って殺し合いをしてはならぬ」という条件付で、
火を与えるのです。
ところが、便利な火によって豊かになるにつれ、
ニンゲンは最初の教えを忘れ、争いを始めたのです。
裏切られた火の神の声が、天災を引き起こします。
ラストの言葉が余韻を残します。
ニンゲンの「魂」を信じる。
とても心に響きます。
大震災後の東北に何度も出かけ、感じたものがにじみ出ている作品だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン / さよなら動物園



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

火の話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット