メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なみだどろぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なみだどろぼう

絵: ニコレッタ・セコリ
訳: 小柴 一
著: キャロル・アン・ダフィ
出版社: 新樹社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なみだどろぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784787586186

出版社からの紹介

あなたのそばに、きっと、なみだどろぼうがいます。
ほんとうに悲しくてなみだをながすとき、
なみだとともに、悲しみもぬぐいとってくれます。

ベストレビュー

なんて透明感のある話でしょう!

もう何と言って表現したらよいのか分らないのですが、透明感の漂う、
それでいてとても色彩豊かな感じのする絵本でした。

なみだどろぼうという設定も神秘的なのですが、なみだには沢山の種類
があって、それぞれに色があるというのがとても印象的でした。

おこりんぼうの子のなみだは赤くてルビーのよう、
うらやましがりやややきもちやきのなみだはエメラルドのような緑色。
運がわるいとなげいてばかりの子のなみだはトルコ石のような青緑、
こわくてながしたなみだはムーンストーンのような白、
やましいことをしてながしたなみだは、琥珀色。

なんだか本当に言い当てているなあと感じるのは私だけでしょうか?
さすが桂冠詩人のつづる話は言葉が美しいと思いました。
息子もその神秘さに釘付けになって聞いていました。
(でも、宝石の色のところは、残念ながら100%は理解できていない
と思います)
是非、読んでみてください。月を見る度に思い出す話となりますよ!
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャロル・アン・ダフィさんのその他の作品

魔女にとられたハッピーエンド

ニコレッタ・セコリさんのその他の作品

はくぶつかんのおしろのおんなのこ



40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

なみだどろぼう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット