あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ふるさと60年 戦後の日本とわたしたちの歩み
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふるさと60年 戦後の日本とわたしたちの歩み

  • 絵本
文: 道浦 母都子
絵: 金斗鉉
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784834027075

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 40 サイズ: 34X29cm

出版社からの紹介

定点観測の手法で、戦後の1946年から現在まで、ある町の変貌と、男の子と女の子の成長を描いた大型絵本です。日本が歩んできた道と未来へ向かう希望が描かれています。

ベストレビュー

世のうつろいと、人の思いと

絵を繰り返し眺めていて、見るたびにうなってしまいました。
近所育ちの幼なじみの、おじいちゃんとおばあちゃん。
2人がまだ、生まれたばかりの1946年から1996年までのふるさとが、細かく風景描写されています。
その細かさには、様々な発見があります。
立て直された家、残る神社。
いつの間にか畑はなくなり、川も埋め立てられました。
残っている店と、なくなってしまった店。
山のふもとのトンネルも、埋め立てられて風景はどんどん変わっていきます。
これが社会の変化なのですね。
鳥瞰図のように見渡していると、小さいころに広く見えた町が、どんどん小さくなっていく様も理解できます。
こんな中で、おじいちゃんとおばあちゃんは育ってきたのですね。
自然が人間によって変えられていく様は、水遊びしていた川が埋め立てられることに象徴されているようです。
ただ、高度成長の影が薄れると、都市化と自然回帰志向が共存するようになります。
環境を考えるようになったからでしょうか。

最後に未来予想図があります。
これには問題を感じます。
あの「ふるさと」が、「ふるさとテーマパーク」に変わってしまいました。
憩いの場所ではあるかもしれないけれど、生活感のない広場が「ふるさと」には思えません。
子どもたちは楽しそうだけれど、おじいちゃんおばあちゃんには悲しい風景ではないかと思いました。

子どもはどのように感じるのだろうか。
絵本の中のおじいちゃんと、それほど違わないだけ、社会の変化を見てきた私にとって、この絵本は大人版「ミッケ」でした。

隅々まで楽しめます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金斗鉉さんのその他の作品

天使の輪 / 日本名作おはなし絵本 かぐやひめ / お地蔵さまとおばあちゃん / ほんぐゎんぐゎんおしょう / サンガイジウナコラギ / よるの おさんぽ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

ふるさと60年 戦後の日本とわたしたちの歩み

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット