大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
おとうさん、縄文遺跡へ行こう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさん、縄文遺跡へ行こう

作: 結城 昌子
出版社: 小池書院

本体価格: ¥1,700 +税

「おとうさん、縄文遺跡へ行こう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

親近感の湧くようなわかりやすい解説文

この本を見つけたのは、今度小学校を卒業する6年生たちに、普段のお話では紹介できない作品を紹介したい。
中学に行ったとき今分野の本もあるんだ。ということを知ってほしいなと選書をしていて、図書館で見つけました。

副題には『親子で旅するシリーズ』とあります。
縄文編を開くと日本地図が描いてあって、日本各地にある縄文遺跡の出土場所が記載されています。

本の前半には出土された当時の有名な土器たちを写真と解説でのせてくれています。
たとえば土偶のページ。

あれれっ! 顔も そっくり 服の デザインも そっくり
同じ人が つくったのかな? 
それとも ほかの人が まねして つくったのかな?
横に ちょっと のびちゃった!
足が 一つなのは なぜ?
なにかの おまじない?
それとも ケガや 病気の 身代わりなの?
土偶は お守りのために つくられたとも 言われているんだ
でも いまだに ??がいっぱい

という子どもたちに親近感の湧くような文体で描かれています。

後半には一番最初のページに描かれていた縄文土器出土遺跡の中から、主なところ(特にいろんな体験できる遺跡)を紹介してくれています。
家族でこんなところへいいたら、とっても面白いと思います。
ぜひ、お父さんやお母さんと旅のカタログや雑誌みたいにわいわい言いながら読んでみたください。
そして、いいなぁと、思ったら足を運んでみてください。「時を超えた何かが待っている」かもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


結城 昌子さんのその他の作品

ケイティとすいれんの池 / ケイティとスペインのおひめさま / ケイティのはじめての美術館 / ケイティとイギリスの画家たち / だれでもアーティスト / ケイティと星月夜



お気に入りのくだものはどれ?

おとうさん、縄文遺跡へ行こう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット