もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえお もったいないばあさんの おいしい あいうえおの試し読みができます!
著者: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おいしいたべもので、ひらがなをおぼえよう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
九年目の魔法 下
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

九年目の魔法 下

  • 児童書
作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳: 浅羽 莢子
出版社: 東京創元社

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「九年目の魔法 下」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

なぜリンさんのことを忘れてしまったんだろう。おばあちゃんに聞いても、親友だったはずのニーナに聞いても、誰も覚えていない。少女の愛と成長を描く現代ファンタジーの傑作。

ベストレビュー

とうとう本物の記憶を取り戻し謎がとけた

ある19歳の女の子が二重の記憶を持っている。どちらが本物の記憶なのか、本人も読者もなぞになってしまう。

前編でママに家を追い出された主人公ポーリィ。お金はパパにもらえ、と全くお金を渡さないのもひどいし、パパがポーリィをイラなかったら自分達でどうにかして、戻ってこないで、ってひどすぎる。パパも新しい恋人に言いにくいからってお金も渡さず帰りの切符もないのに追い出すなんてありえない。

自力で強くなっていく姿、心を折らないようにしている姿がいじらしい。最後にやっと謎がとけますが、しょうじき、解説まで読まないと理解が難しい部分もありました。子供には難しいかも。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんのその他の作品

ビーおばさんとおでかけ / 四人のおばあちゃん / 賢女ひきいる魔法の旅は / ぼろイスのボス / ファンタジーを書く〜ダイアナ・ウィン・ジョーンズの回想 / ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家

浅羽 莢子さんのその他の作品

闇の戦い (4) 樹上の銀 / 闇の戦い (3) 灰色の王 / 闇の戦い (2) みどりの妖婆 / 闇の戦い (1) 光の六つのしるし / おれの墓で踊れ



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

九年目の魔法 下

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット