ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
でんでんむしのかなしみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でんでんむしのかなしみ

  • 絵本
文: 新美 南吉
絵: 鈴木 靖将
出版社: 新樹社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784787586193

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

新美南吉の秀作を、万葉画の巨匠・鈴木靖将が渾身の絵筆て描ききった!

児童文学に造詣が深い美智子皇后が、1998年国際児童図書評議会での基調講演「子供時代の読書の思い出」の冒頭で、子どもの頃に読んでもらった「でんでんむしのかなしみ」が深く心に残っていると語られました。

ベストレビュー

深い、考えさせられる

9歳長女が学校で新美南吉さんのお話を読んでいるので、リクエストされて、借りてきました。

新美さんのお話は何となく、悲しくそして難しいお話が多いイメージでしたが、このお話は普通の絵本。そして字もそんなに多くないです。いや、少ないかも。

かたつむりが悲しみを背負っている、私たち人間もみんな悲しみを背負っている。それを背負って生きていく。なんだかとても深いなーと思いました。あとがきを読んだときに改めて「なるほど!そういうことなんだ」とさらに納得した自分がいました。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / 手ぶくろを買いに / あかい ろうそく

鈴木 靖将さんのその他の作品

ひろったらっぱ / 里の春、山の春 / げたにばける / うまやのそばのなたね / にひきのかえる / かげ



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

でんでんむしのかなしみ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット