もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
さよならなんてだいきらい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さよならなんてだいきらい

作: レベッカ・ドーティ
訳: 千葉 茂樹
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784593505357

出版社からの紹介

やあ! おはよう こんにちは
バイバイ あばよ じゃあまたね……
あいさつの言葉はいろいろあるけれど、
つらいおわかれは だいきらい。
別れのかなしみが 少しやわらぐ、
出会いと別れのあいさつの絵本。

ベストレビュー

短いあいさつの中にドラマがあります。

おぉ〜!まずは邦訳者が千葉茂樹さんだったのがうれしいです!
この方の邦訳は言葉がとっても優しいんです。
あいさつの本なのですが、ただあいさつしているだけでゃなくて、そのあいさつに至るもう一言なども描かれているので、
あまり小さいお子さんだと理解しにくいかもしれません。
5,6歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちに特にお薦めします。

短い挨拶の言葉の中に、それぞれドラマっチクなショートストーリーが絡ませてあります。

(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

さよならなんてだいきらい

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット