すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
(デジタル)蘇れ!気仙沼港
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

作・写真: 吉川 順一
出版社: アイフリーク

iphone/ipad: 無料

Android: 無料

「(デジタル)蘇れ!気仙沼港」

「(デジタル)蘇れ!気仙沼港」

こえほん

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「3・11巨大津波が、この美しい港町を一瞬にして呑みこんだ。それでも、われわれには海しかない!」
この作品は、地元出身の一人の医師が、約35年間に渡って気仙沼魚市場を撮り続けてきた貴重な記録を出版した「甦れ!気仙沼港 -日本一の漁港を瞼の奥に-」(発行:株式会社アートダイジェスト)のダイジェスト版です。
宮城県気仙沼市に位置する気仙沼魚港は、マグロやカツオ、サンマ、サメ(フカヒレ)など日本有数の水揚げ量を誇る日本を代表する漁港です。
気仙沼市周辺は2011年3月11日に起きた東日本大震災によって壊滅的な打撃を受けました。
「それでも、われわれには海しかない!」
著者の吉川順一さんは、地元の医師として気仙沼の復興に尽力しながら、今も自らが生まれ育った港町を撮影し続けています。
震災の壮絶な影響を物語る写真はもちろん、震災前の活気ある港の様子を収めた写真が見所です。

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

出版社おすすめ

  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

(デジタル)蘇れ!気仙沼港

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット