ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
精霊の木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

精霊の木

  • 児童書
作: 上橋 菜穂子
絵: 二木 真希子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784037441500

小学5・6年生から
20cm×14cm 294ページ

出版社からの紹介

地球の環境悪化でナイラ星に移住した人類。その子孫が、滅びたとされている先住民の謎に迫る。作家のデビュー作を新装改訂版で。

ベストレビュー

上橋菜穂子さんのデビュー作

上橋菜穂子さんのデビュー作のようです。

あることが原因で地球に住めなくなった人類が、別の星へ移住してから約200年後の世界が描かれています。

とにかく展開が速くて、あっという間に物語の世界へ引き込まれます。デビュー作とは思えないようなスケールのデカさ、人間の身勝手さというのかな、人間ってそういう嫌なところがあるよね、ということが最悪の結果に繋がった結末みたいな内容。歴史や記憶の改ざん、都合の良いように歴史を塗り替えるとか・・・極秘の人体実験?だとか・・・こういうことが今後リアルにありそう、起こりそうで怖いな〜と思いながら読みました。

命を奪われそうになりながらも、未来へ繋げるべく奮闘する、リシアとシン。後半は特に展開が速く、1冊で完結させなくても良いのでは?と思うほどでした。守り人シリーズにも通じる上橋菜穂子さんの世界観が感じられてワクワクさせられる一冊でした。
(どんぐりぼうやさん 40代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 物語ること、生きること

二木 真希子さんのその他の作品

炎路を行く者−守り人作品集− / 「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド / 軽装版 流れ行く者 守り人短編集 / 軽装版 天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編 / 軽装版 天と地の守り人 第二部 カンバル王国編 / 軽装版 天と地の守り人 第一部 ロタ王国編



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

精霊の木

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット