ねこのたくはいびん ねこのたくはいびん ねこのたくはいびんの試し読みができます!
作: 奧野 涼子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
宅配便って、どうやってとどくの?
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
ふくしまからきた子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふくしまからきた子

  • 絵本
作: 松本猛 松本 春野
絵: 松本 春野
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月01日
ISBN: 9784265081103

5才 〜 小学校高学年向け
A4変型判上製 21.6×24.6cm
32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

原発事故をきっかけに、
福島から広島市に引っ越してきた女の子まや。
地元のサッカー好き少年のだいじゅ。

ふたりの子どもの交流を通じて、
原発と放射能、私たちの未来について考える絵本です。

ベストレビュー

福島と広島

いわさきちひろさんの息子さんと孫娘さんの共著。
画風はやはり、いわさきちひろさんを彷彿させます。
広島市に住むサッカー少年だいじゅは、隣に引っ越してきたまやに声をかけます。
だいじゅと同じくサッカーが得意そうなまやですが、
もうサッカーはしない、と言うのです。
だいじゅは、家族から、まやが福島の原発事故のために母の実家に避難して来たということを聞き、
祖父が被爆2世だったことも知るのです。
身近から知る原発事故というストーリーから、
子どもたちもマイルドに、その事実を体感できると思います。
あとがきでは、さらに詳しい解説があります。
小学校のおはなし会で読みました。
参加者は少なかったですが、何か感じ取ってくれれば、と、心をこめて読みました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

松本 猛さんのその他の作品

海底電車 / 絵本と社会 / ふくしまからきた子 そつぎょう / りんご畑の12か月 / 白い馬 / げんきに なったひ

松本 春野さんのその他の作品

おばあさんのしんぶん / LIFE(ライフ) / びんのなかのともだち / 今日も明日も上機嫌。 モタさんの“言葉” / 地震の夜にできること。 / 絵本・おとうとII はじめての学校



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

ふくしまからきた子

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット