あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
バオバブのきのうえで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バオバブのきのうえで

語り: ジェリ・ババ・シソコ
再話: みやこ・みな
絵: ラミン・ドロ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バオバブのきのうえで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784834021219

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

マリのバンバラ族の語り部の匠(ジェリ)が、日本の子どもたちにと語ってくださったこのお話は、中世バンバラ王国の伝承ですが、今でも家族でよく語られています。マリの若き画伯の絵も新鮮にこの世界を伝えています。

ベストレビュー

たましいのうたごえ

 黒一色、大きなバオバブの木の枝に立ち、
はるか下の人のむれを見おろす一人の男の子。
 枝の上で、静かに話をする二人の子ども。
なんて印象的な絵なんだろう。

 枝の上でうたう、子どもの悲しいうたごえ。
その力強い黒一色の絵は、やがて悲しみの色に変わりゆく。
人が人をおそれること、心がしめつけられる。

 人も、森の一部であることを忘れてはいけない。
森に育てられていることを忘れては、いけない。
子どもはみんなの宝物、森の奇跡。

 アフリカ、マリの昔話に
感謝、感謝。
(もゆらさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > バオバブのきのうえで

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

バオバブのきのうえで

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット