なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
みみずのカーロ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みみずのカーロ

作: 今泉 みね子
絵: 中村 鈴子
出版社: 合同出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

素晴らしい学校!素晴らしい町!!

本当は、小学校高学年の子どもたちにブックトークで紹介しようと思って用意していましたが、時間の関係上、今現在の段階では紹介できていません。
小学生にもよくわかる自然を大切にする『エコ』な知識を教えてくれる素敵な本でした。

著者の今泉さんが取材したのは、ドイツのメルディンガー小学校とシェーファー(校長)先生です。
この学校には現在、たった1つのゴミ箱しかないそうです。でもそのゴミ箱はほとんどいつも空っぽだそうです。
学校全体のゴミ箱がほとんど空っぽの状態って、すごいことだと思いませんか?

シェーファー先生は元々農業の仕事を目指していた人で、自然に対する知識をたくさん持っていたので、ある時自分のクラスの子どもたちにこんな変な宿題を出すんです。
それは、ゴミ箱にゴミを捨てる人は「明日から20ペニヒ(約15円)持ってくること」というものでした。
20ペニヒのゴミも学校全体のゴミの1年分を合わせると中古車が一台買えるほどのお金になることを説明され、このクラスの子どもたちは『エコ』に目覚めます。
そしてクラスでみみず(カーロという名前にした)を飼うことで、土に還元されるゴミとそうでない「ただのゴミ」との区別がついていきます。

今泉さんの文章は、1章1章がわかりやすく面白く書かれているので、小学生の子どもたちにも十分読めます。
『エコ』に興味のある人も、『みみず』や『自然』『学校活動』なとに興味のある人や、
「ボーイ・スカウト、ガール・スカウト」などに参加しているお子さんなどに特にお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みみずのカーロ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット