ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ゆうかんな十人のきょうだい 講談社のおはなし絵本館 20
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうかんな十人のきょうだい 講談社のおはなし絵本館 20

作: 君島 久子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

「ゆうかんな十人のきょうだい 講談社のおはなし絵本館 20」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

“絵本館”というシリーズならではのページ

「おはなし絵本館」とあるように、この本には2つの作品が入っています。
一つは表題作の「ゆうかんな十人のきょうだい」もう一つは「かみさまになりそこねたサンダル」で、私が読みたかったのはこの「かみさまになりそこねた……」の方でした。
(「ゆうかんな十人の……」は同じ君島さんの作品で「王さまと九人のきょうだい」と、ほぼ同じ内容です。そして、この話は伝聞によって、5人だったり9人だったり10人だったりと……、他にもいくつかお話として残っていますよね〜)

「サンダル」のお話はマレーシアの昔話だそうです。
サンダルの右足の方が夫で、左足の方が妻という設定も面白かったですが、どんどんどんどん姿を変えていき、その都度もっともっとと望む人の(この話の場合はサンダルたちですが)『欲』がはっきりと形に見えるところが面白いと思いました。
こういうお話の一番有名なのは、「ねずみの嫁入り」とか、ロシアの昔話の「金のさかな」とかありますよね?

ちなみに「十人きょうだい」の方は馬場のぼるさんが、「サンダル」の方は「さとうわきこさんが挿絵を描いてくれていました。
それぞれ味わいがあって、楽しいイラストでした。
また“絵本館”ならではのページとして、
お話に登場した場面クイズやお話のキャラクターを作ってみようという工作のページもありました。
「作り方」があるので、物を作るのが好きな母子などに特にお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ


君島 久子さんのその他の作品

こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / 犬になった王子 チベットの民話 / ながいかみのむすめ チャンファメイ / おひゃくしょうとえんまさま 中国民話 / 21世紀版少年少女世界文学館(23) 西遊記 / 「王さまと九人の兄弟」の世界



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ゆうかんな十人のきょうだい 講談社のおはなし絵本館 20

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット