くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
これ なーに?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

これ なーに?

作: きたむら えり
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「これ なーに?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 2012年3月号

出版社からの紹介

ウサギが森の中でかさを見つけました。初めてかさをみたウサギは、森の動物たちに「これ なーに?」と聞きます。「枝につるして遊ぶものじゃない?」と、リスのきょうだい。「舟だよ」と、クマは水に浮かべます。それから、木イチゴをつんで中に入れたり、「ベッドにもなるよ」と、昼寝をしたり……。さて、かさの本当の使い方はわかるのでしょうか?

ベストレビュー

傘のつかいかた

傘の使い方を知らない動物たちが、
ああだこうだと使い方を考えている姿が愛らしいです。
いつ気づくのかな?って、陰からそっと見ているような気持ちになります。
お話がシンプルで分かりやすいので、小さなお子さんでも楽しめると思います。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

出版社おすすめ


きたむら えりさんのその他の作品

アレハンドロの大旅行 / おおきな ありがとう / ぼくのはね / オットーのくちぶえ / 森の学校のなかまたち / 森に学校ができた



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

これ なーに?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット