ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ファンが悪魔をつかまえた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンが悪魔をつかまえた

作: やなぎや けいこ
絵: 今井俊
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ファンが悪魔をつかまえた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784834021240

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

メキシコのグアダラハラ地方に伝わる民話です。民話の中の悪魔は、少し間抜けであまり怖くないものが多いようです。ここに出てくる悪魔も、簡単にファンに捕まえられてしまいます。悪魔を自由にする代わりに、ファンが出した条件とは?

ベストレビュー

バッハエルフエゴ チュパチュパ

メキシコの民話。
ファンという大食いの若者が、やけを起こした母親から家を追い出され、
「悪魔を捕まえてこい」という言葉を真に受けて、悪魔を探しに行くストーリー。
人々に尋ねながら、大鷲やコヨーテに助けられながら(脅しながら?)、
ついには悪魔を連れ帰るのです!
全く呆れた展開ですが、またもや母親に抗議されると、
またまた悪魔を蹴散らして、めでたし!?
何とも大らかと言うか、スケールの大きな展開です。
もちろん、悪魔を探すところは、なかなかハラハラドキドキです。
途中、洞穴の火を消す時の呪文が、
「バッハエルフエゴ チュパチュパ」と、妙に面白いです。
「Baja el fuego」って、たぶんスペイン語で「火を消せ」という意味だと思いますが、
言葉の響きがなんとも愉快です。
描かれた悪魔、物語同様、ちょっと間抜けな容姿で笑えますね。
放蕩息子と言い、それでいいのか!と突っ込みどころ満載だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

やなぎや けいこさんのその他の作品

たいへんだあ / コケーナとであったチャンゴ / ガラスの花かご / サンタクロースへのてがみ / マッチうりのしょうじょ / にげだしたパンケーキ ノルウェー民話

今井俊さんのその他の作品

Shoes、 Shoes、 Shoes、 Whose Shoes? くつくつくつだれのくつ? / ポコがすきなのは / ふたりとにひきがすむいえは / パコのあきまつり / ペレのはなび



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ファンが悪魔をつかまえた

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット