十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【予約受付中】待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
メルストーン館の不思議な窓
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

メルストーン館の不思議な窓

作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出版社: 東京創元社

本体価格: ¥2,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「メルストーン館の不思議な窓」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

魔術師だった祖父から、横暴な使用人付きの館を相続したアンドルーだが、やっかいな魔法の問題までくっついてきて…。英国児童文学ファンタジーの名手が贈る、にぎやかではちゃめちゃな魔法譚。

ベストレビュー

不思議なドッペルゲンガー?

メルストーン屋敷のおかしな住人、妖精王オベロンや、パックにティターニアが攻撃してきたのはメルストーン館の主人と、オベロンの息子らしき男の子。魔法の力で戦うのですが、不思議な「分身」もあらわれて、、、?

妖精のお話にもともとなじみがあったので楽しく名づけなども楽しめました。分身のできかた、退治のしかたなどいろいろ分かりづらく、集中して読まないとわからなかったです。でも、守護域って面白い考え方だと思いました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんのその他の作品

四人のおばあちゃん / 賢女ひきいる魔法の旅は / ぼろイスのボス / ファンタジーを書く〜ダイアナ・ウィン・ジョーンズの回想 / ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家 / アーヤと魔女



困っているぼくのところに本物の神様が!

メルストーン館の不思議な窓

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット