もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おめでとう ─さいごのゆきのひ─
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おめでとう ─さいごのゆきのひ─

  • 絵本
作: 水月 史
絵: 五十嵐こずえ
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おめでとう ─さいごのゆきのひ─」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「ゆきは とけるものなのです。とけて きえてしまうまで すてきなものを ごらんなさい。たくさんたくさん ごらんなさい。」その冬、最後の雪の日、冬の女神に見送られ、ゆきんこは風に乗って旅に出た。大きな白い鳥、せいたかのっぽの杉の木、色とりどりの帽子をかぶった子どもたち……。どうせとけてしまうなら、すてきな場所でとけたいな。小さなゆきんこのファンタジー絵本。

ベストレビュー

自分の死ぬ場所

とてもきれいで、癒される絵本でした。
ゆきんこは、とけるのが嫌で、とけないようにとけないようにと飛んで生きます。
でも、いつかはとけてしまうということはわかっています。
その様子が、いつか死んでしまうのはわかっているけど、それに抗う人間の姿に重なりました。
最後には、捨てられた子猫の鼻の上に落ち、結果としてその子猫を救います。
すてきな世界をたくさん見てきたゆきんこ、自分でとける場所を選んだゆきんこ。なんだか、せつないような、うれしいような、おめでとうと言いたくなるような、素敵な絵本でした。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

おめでとう ─さいごのゆきのひ─

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット