庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ひっこしはバスにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひっこしはバスにのって

  • 絵本
文: 季巳 明代
絵: くぼた まなぶ
出版社: 銀の鈴社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月11日
ISBN: 9784877865641

幼児から一般まで
B5 33ページ

出版社からの紹介

大好きな生まれ故郷を旅立つ少女ミミと、バスで乗り合わせた女性との交流。
ほのぼのとした読後感に包まれる絵本です。
小学校低学年からでも読めるようになってます。

ベストレビュー

不思議な少女

物語はミミという女の子が遠い場所へ引っ越す為に、おかあさんとバスに揺られている場面から始まります。

読み始めて少し経ってから、なんだか違和感が…

山の道や小川のそばのすみれ、綿毛になり始めたたんぽぽ…ミミにとって初めての大切なものとのお別れです。
ん?大切なものって、友達とかじゃないの?

ひさしやまが拓けて、人や車が増えて危ないからから引っ越すの。
んん?色々便利になるのに、何で引っ越すの?

黄金色の髪、愛らしい瞳、名前のミミ…

その全てが、なにか引っかかる不思議な女の子だなと思いました。

表紙と裏表紙を見てきつねが出てくるのだなとは分かっていましたが、静かで寂しいお話だと思っていたので、思いがけないラストに驚きました。

だからおかあさんは、バスでは誰とも話しちゃだめって言ったのね
もう戻れないって、ミミの目から涙が零れそうになったのね

バスで会った女の人は、ふたりに気づいていたんですね。
もしかしたらおかあさんも気づいていたのかもしれない…

ミミはもう、ふるさとには戻れないです。
きっとミミとおかあさんが、最後の生き残りだったんじゃないかな

ミミやおかあさんに、ごめんなさいと言いたい
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


季巳 明代さんのその他の作品

四年変組 / じゅんばんこ! / ひげなしねこ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ひっこしはバスにのって

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット