貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ジョニーのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジョニーのクリスマス

  • 絵本
作・絵: やまだうたこ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ジョニーのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「クリスマスなんてくだらないよ!」かんしゃくを起こしたジョニーはママにクリスマスを取り上げられ・・。やまだうたこの贈る楽しいクリスマスのお話。

ベストレビュー

ポップで元気なクリスマス絵本

かんしゃくをおこしたジョニーがママからクリスマスをとりあげられて、考えたことは・・・・。

全体的にアメリカンポップのような元気でかわいい雰囲気があって、キッチンやお菓子、インテリアを眺めるだけでもウキウキしてきます。
プレゼントに文句をいったジョニーが、相手の気持ちを考えて、プレゼントを贈る気持ちになったときに見えてきたものがあったんじゃないかな。

サンタさんは最後の場面しかでてこないし、何か不思議なことが起こるわけでもないこのクリスマス絵本ですが、私はとっても気に入っています。
(はぐぶ〜さん 30代・ママ 女の子9歳、女の子7歳、女の子1歳)

出版社おすすめ


やまだうたこさんのその他の作品

しずかな しずかな みずうみ / おさらのはらのビリーとメリー / みつばちバジーちゃん / トルテのピンクケーキ / ようふく / ともだち



サンカクさんとシカクさん、これぞあたらしい友情のかたち?

ジョニーのクリスマス

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット