なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
うどんドンドコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うどんドンドコ

  • 絵本
作: 山崎克己
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月10日
ISBN: 9784776405184

26×21cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

夜中に現れた怪しい「うどんかいじん」。おいかけていくと、うどんかいじんは
変な客に次々とうどんを出前していく。とうとうぼくは野良猫のねこ吉といっしょに、
200杯の月見うどん作りを手伝うことに…。
読んだ後に、美味しいうどんが食べたくなる奇天烈うどん絵本。

ベストレビュー

うどんもいろいろあるけれど

怪しすぎです、うどんかいじん。
でも、作るうどんはどれも本当においしそう。

「うどんドンドコ○○うどんひとつ、たべたい」って誰かが注文すると、すぐに駆けつけて出前を届けてくれます。
うどんを作るのが上手なだけでなく、耳もすこぶるいいんでしょうねー。
ひょんなことからうどんかいじんを手伝うことになった男の子と、のらねこのねこ吉。
お父さんからうどんかいじんのカレーうどんを食べたことがあると聞いていたようですが、もしかするとお父さんもその昔お手伝いをしたことがあるのかも?

私的にはつるさんの一本うどんが気になりました。
12歳の息子は豚さんのとんかつうどんを一目見るなり、「共食いはヤバイんじゃない」と一言。
なるほど…ちょっとマズイかもねと思わず苦笑いしてしまいました。

(ひだまり☆ははさん 30代・ママ 男の子12歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山崎 克己さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (20) 妖怪たちの林間学校 / 怪談オウマガドキ学園 (19) 図工室のふしぎな絵 / 怪談オウマガドキ学園(17) 旧校舎のあかずの部屋 / 怪談オウマガドキ学園(16)保健室で見たこわい夢 / 怪談オウマガドキ学園(13) 妖怪博士の特別授業 / 怪談オウマガドキ学園(11) 休み時間のひみつゲーム



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

うどんドンドコ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット