貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
としょかんねこデューイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

としょかんねこデューイ

文: ブレットウィター
絵: スティーヴジェイムズ
訳: 三木 卓
著: ヴィッキーマイロン
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784579404490

40ページ B4変型

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アメリカの小さな図書館の返却ポストに捨てられていた子猫のお話。助け出され、デューイと名づけられた猫は図書館の人気者に……。全米で話題の同じ著者の実話エッセイを基にした絵本。

ベストレビュー

ぎゅーーーっ!

図書館の返却用ポストに捨てられていたデューイ。
そのネコが、図書館ネコとしての使命に目覚め、人気者になっていく様子を描いています。
ネコは、本来気ままで警戒心が強い生き物なので、特に子どもに対しては、なかなかこのデューイのようにはいかないでしょう…と思いましたが、ネコ好き過ぎの娘の心には、深く入り込んだようです。
普段、ネコを追いかけまわして逃げられてばかりなので、余計に羨ましく感じたのでしょう。
ネコ好き過ぎでネコに嫌われる娘の夢を叶える一冊!
読み終わる頃には、デューイにメロメロで、本をぎゅーーーっと抱きしめて、放してくれませんでした(笑)
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヴィッキーマイロンさんのその他の作品

図書館ねこデューイ / 図書館ねこデューイ

三木 卓さんのその他の作品

みんななかよしけんかばし / 鹿姫ものがたり / 「えいっ」 / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた / おやゆびひめ 講談社のおはなし絵本箱



飛行屋のマーカスが大活躍!ワクワクドキドキの冒険

としょかんねこデューイ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット