もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
おばあちゃんのノート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんのノート

  • 絵本
文: 小坂 直樹
絵: 水上みのり
出版社: 幻冬舎ルネッサンス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月14日
ISBN: 9784779007354

B5判 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みーちゃんは、おばあちゃんの思い出づくりを上手に手伝えるかな?

「お母さんの絵本大賞」(2011年石川テレビ・北陸中日新聞主催)入賞作、待望の絵本化。
もの忘れのあるおばあちゃんと孫のみーちゃんの心暖まる交流を描く創作絵本。おばあちゃんはさっきごはんを食べたことも忘れてしまいますが、デイサービスではかわいいぬいぐるみを作ることができます。ふしぎに思うみーちゃんは、夏休みにおばあちゃんのデイサービスに連れていってもらうことにしました。おばあちゃんはデイサービスで、その日の出来事を忘れないうちにノートに書いていました。たくさんの素敵な思い出が綴られたおばあちゃんのノートを見たみーちゃんは、家であることを思いつきます……。介護現場で働く作者は、この絵本を通して読者がもの忘れのあるお年寄りとのコミュニケーションのヒントを得ることや、実際のお年寄りとの交流を通して「楽しい思い出作り」や「人を思いやる優しい気持ち」が広がっていくことを願っています。

内容紹介

おばあちゃんは忘れんぼだ。ご飯が終わってテレビを見ていると…。みーちゃんは、忘れんぼのおばあちゃんの、思い出づくりを上手に手伝えるかな。「お母さんの絵本大賞」入賞作品。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水上みのりさんのその他の作品

しわしわ かんぶつ おいしいよ / ぼくらは、ふしぎの山探検隊 / あの夏、ぼくらは秘密基地で / 千年ギツネ / ふろしきばあちゃん / ウメの絵本



葉祥明さんの描く不朽の名作

おばあちゃんのノート

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット