しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜

  • 絵本
文: ミーナ・ジャバアービン
絵: ブルース・ホワットリー
訳: 青山 南
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月27日
ISBN: 9784895728331

小学校低学年から
A4変型版 30ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

オウムのおかげで商売繁盛! お金持ちになった商人は、オウムを故郷のインドの森に帰してくれません。あるとき、インドへ買い付けに行くことになった商人は、おみやげは何がいいかとオウムにたずねました。すると、オウムは……。

商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜

ベストレビュー

そういうことだったのかぁ〜、と読後しみじみ

 表紙絵のオウムの羽色の鮮やかさに目を奪われ手に取りました。
 絵を担当したのは、「ダンスのすきなジョセフィーヌ」のブルース・ホワットリーさん。
 サブタイトルの“ペルシャのおはなし”にさらに興味を持ち開きました。
 
 かつてインドの森を自由に飛んでいたオウム。
 今はペルシャの大商人に飼われています。
 オウムが良い客引きとなって、店の繁盛を助けていたので、小さいかごの中「インドにかえりた〜い♪」と歌っても、商人は決して手放そうとはしません。
 ぶらんこが3つも付いた大きな金のかごに移されようが、オウムの望郷の念はつのるばかり、・・・。

 インドへ商品の買い付けに行く前の商人に「土産は何がいいか?」とたずねられ、オウムが望んだものは、・・・。

 賢いオウムたちの知恵に最後は呆然です。
 そういうことだったのかぁ〜、と読後しみじみしてしまいました。
 商人の人間本意な姿と、ペルシャとインドと場所を隔てたオウムたちの連帯感が対照的です。

 巻末を読み、13世紀のペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩が出典とか。
 これを諳んじ物語として幼い作者ジャバアービンさんに語ってくれたのがお父様というのにも感動です。
 
 色彩がはっきりしていて、遠目でも十分楽しめそうです。
 機知のきいたお話なので、中学年以上のお話会で読むのが良いかな。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブルース・ホワットリーさんのその他の作品

イソップものがたり / ダンスのすきなジョセフィーヌ

青山 南さんのその他の作品

こどものなかま / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ / はだかんぼ! / トラさん、あばれる / ラスコーの洞窟 / あっ、ひっかかった



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

商人とオウム 〜ペルシャのおはなし〜

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット