庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ぼくとおじちゃんとハルの森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとおじちゃんとハルの森

  • 児童書
作: 山末 やすえ
画: 大野八生
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784774320618

小学中級から
たて19.4cm×よこ13.3cm/四六判 128ページ

出版社からの紹介

主人公の輝矢は小学4年生。ひっこみ思案の輝矢は、いつも家族や友だちに支えられてばかりいると思っている。唯一の友だちが転校してしまい、クラスではひとりぼっちの輝矢だった。

連休のある日、おばあちゃんの弟のモリおじちゃんが訪ねてきた。大工を辞めて山小屋に住むという。

輝矢はモリおじちゃんに連れられて山小屋にいくと、なぜかそこには一匹の柴犬が居ついていた。夏休みを山小屋で過ごす約束をした輝矢は、元気をなくしているおじちゃんの様子が気になった。夏休みに再びモリおじちゃんを訪ねると、山小屋はすっかり手入れされ、あの柴犬がハルと名づけられて飼われていた。

ひと夏を山小屋でハルやモリおじちゃんとすごすうちに、いつも家族や友だちに支えられていると思っていた輝矢は、自分の存在が、家族を支えていることや、親友を突然失って落ちこんでいたおじちゃんをも励まし支えていたことを知るようになる。そして、輝矢は今の自分に自信と希望を持って、2学期に向おうとする。

中学年の子どもたちから大人まで読んでもらいたい物語。 ふだんは見えない家族の絆。その絆によって自分が支えられていると思っていた輝矢が、自分の存在が、また家族や周りの人を支えている絆であることを知り、自信と希望を持つ物語。

ぼくとおじちゃんとハルの森

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山末 やすえさんのその他の作品

紙芝居 いいものなんだ? / あえてよかったね / 七ふくじんとなつまつり / 七ふくじんとおしょうがつ / 紙芝居 まーくんのてんきよほう / パトカーのパトロくん

大野 八生さんのその他の作品

ハーブをたのしむ絵本 / ぼくの、ひかり色の絵の具 / 盆栽えほん / かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん / じったんのオムライス / カエルの目だま



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ぼくとおじちゃんとハルの森

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット