おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
福島の子どもたちからの手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

福島の子どもたちからの手紙

編集: KIDS VOICE
出版社: 朝日新聞出版

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「福島の子どもたちからの手紙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784023310346

サイズ:B5

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

3・11と東京電力福島第一原発事故で、子どもたちの暮らしは大きく変わった。放射能との暮らしを余儀なくされた福島の子どもたちの絵や作文を紹介。避難した子ども、とどまっている子ども、56人の心の訴え。

ベストレビュー

涙で

チェルノブイリの子どもたちの絵や気持ちが描かれた『いきていたい』という絵本があります。

その『いきていたい』を福島原発事故後読んだ私は、チェルノブイリから何も学んでこなかったことを悔しく思い、それまで無関心であったことを恥じました。

そしてこの『福島の子どもたちからの手紙』です。同じ日本国内で今まだ起こり続けている出来事でもあり、何もできない歯がゆさ、無念さ、子どもたちの思い、子どもを見守る親の気持ちなど、いろいろなことをこの本を読むたびに思い、何度開いても涙で字がにじむのです。

表紙にも「何さいまで生きられますか?」「僕は大人になれますか?」とあり一つひとつの言葉が胸をつきます。

「わたしの夢は去年と全くちがいます」の言葉を読んだ時にはこんなことを思いました。

子どもが生まれた時、まだ育ちゆく時に、大人である私たちは子どもの無限の可能性、その今後の命の長さを思うものです。

放射能という目に見えないものに、自分の存在を脅かされる、子どもたちがそのような状況におかれること、そんなことは本来あってはならないことです。

自分の子どもたちだげなく、福島の子どもたちのこと、被災地の子どもたちに思いを馳せることを私たち大人は忘れてはいけないし、何かできることをし続けていなかくてはいけないのだと思います。

こんなことを書いている私も何ができているかと問われればとても心もとないのですが、自分にできること、福島の子どもたちへの支援を細く長くでも続けていきたいと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

福島の子どもたちからの手紙

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット