このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
きこりとテーブル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きこりとテーブル

  • 絵本
絵: 吉實 恵
再話: 八百板 洋子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きこりとテーブル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年12月

対象年齢4才〜5才向き
こどものとも年中向き 2011年12月号 ページ数: 32 サイズ: 19X26cm

貧しいけれど働き者のきこりは、仕事の帰り、森の中の泉のそばで“おーふ”とためいきをつきました。すると、泉の中から白いひげの老人が現れました。きこりがためいきのわけを話すと、ごちそうの出てくるふしぎなテーブルをくれました。 家に帰り、きこりは村のお偉方を招きごちそうをふるまいますが、地主にふつうのテーブルとすり替えられてしまいます。それを泉の老人に話すと、今度は金貨をはきだすろばをくれました。これもすり替えられてしまいます。最後に泉の老人が出してきたものとは?

ベストレビュー

まほうのおなべと似てる!

娘に『まほうのおなべ』を読んだ時に、この『きこりとテーブル』と
ちょっと似てるねえ、と思い出しました。まほうの・・の方は
アメリカ人のポールさんが再話したもので、きこりの・・の方は
トルコの昔話、とあります。きっと似たようなお話は世界どこにでも
あるのでしょうね。
この絵本は、あちらのおなべの絵本と違って、主人公のきこりが、
ちょっと頼りない。うっかりしゃべって盗まれてばかりいます。
まほうのテーブルをくれたいずみのおじいさんにも「どうやら、
おまえはすこしかんがえがたりないようだ」などと言われてしまいます。
それでも、きこりのためにいいものをまた出してくれたのは、
一生懸命働いてきたきこりのまじめさと、かんがえがたりないと
思われるくらいのきこりの人の良さを買ってきれたのだろうなあ。
まほうのおなべとテーブルとどちらが欲しいかと言ったら
強欲な私はもちろんテーブル!なぜなら、オートミールだけでなく
いろんなおいしいものが出てくるから。
こんな私にはどうあがいてもテーブルをあげよう・・などとおじい
さんは出てこないのだろうな。娘には欲がないので(それも困るけど)
どちらが欲しいなどとはこれっぽちも言いません。


(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子4歳)

出版社おすすめ

  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。

八百板 洋子さんのその他の作品

猫魔ヶ岳の妖怪 / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし / 日本と中国のおひめさま かぐやひめ / アンデルセンのおひめさま にんぎょひめ / ナスレディンのはなし / ぽぽとクロ

吉實 恵さんのその他の作品

わたしは、わたし



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

きこりとテーブル

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット