だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ひとり暮らしののぞみさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとり暮らしののぞみさん

作: 蜂飼 耳
絵: 大野八生
出版社: 径書房

本体価格: ¥1,300 +税

「ひとり暮らしののぞみさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

友だちって、遠くに行ってしまったあともあなたをひとりぼっちにしないひと。一から始まって一で終わるこの絵本は一にひそむ∞をゆったりと呼吸している。中原中也賞詩人による物語絵本。

ベストレビュー

ひとり暮らしの風景

ひとり暮らしというのは、決して孤独ではないらしい。
ひとりだけの世界があるということらしい。
ひとり暮らしののぞみさんの、ひとりの部屋のイメージにある大きな鳥かご。
鳥のいない鳥かごは不思議なイメージですが、この鳥かごがどんどん大きくなってとうとう、部屋いっぱいにひろがって、ある日のぞみさんは、その鳥かごの中に入り込んでしまいました。
鳥かごの中にはっていたら、大きな鳥と小さな鳥がやってきた風景。
ひとり暮らしが、3人暮らしになって、大きな鳥がいなくなって。
3−1の生活ではなく、1+1の生活になった風景。
また一人に戻った生活風景。

ひとり暮らしにある、気分のエトセトラが不思議な文章でつづられています。
蜂飼耳さんの詩的世界が、とてもふくらみを持っていて心地よく感じられました。
大野八生さんの絵は、思わせぶりで、想像力が掻き立てれれます。
断片+断片は無限大。
のぞみさんの心理風景、気持ちがなんだか、見えそうで見えなくて、たまりません。

たまには、お母さんもひとり暮らしのイメージを楽しんでみませんか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

蜂飼 耳さんのその他の作品

はじまりの はな / ゆきがふる / 9月のおはなし お月見テンテン / くらやみこわいよ / くるみわりにんぎょう / クリーニングのももやまです

大野 八生さんのその他の作品

ハーブをたのしむ絵本 / ぼくの、ひかり色の絵の具 / 盆栽えほん / かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん / じったんのオムライス / ぼくとおじちゃんとハルの森



すべてのおとなとこどもに贈ります

ひとり暮らしののぞみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット