タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
飛びアンリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

飛びアンリー

作・絵: 儀間 比呂志
出版社: 海風社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「飛びアンリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

空を飛ぶ夢 

沖縄が琉球だった時代。
ライト兄弟より100年も前に空を飛んだ人間がいた。
その話を基にして、少年の空にかける夢を描いています。

少年は何でも試してみた。
犬の足に鳥の羽をつけて飛ばしてみたり、猫のしっぽに花火をつけて飛ばしてみたり。
しまいには扇をもって自分でも飛んでみた。
全ては好奇心と探究と失敗から始まるものなのでしょう。

琉球王国では、飛び道具はご法度。
王朝を空から凧で見下ろすも言語道断。
そんな雰囲気の風土と、妖怪ギジムナーと、沖縄ならではの夢物語です。

最後には図面を引いて、周りの協力を得て空を飛ぶ道具を作ったアンリーは、本当にそれに飛んでいきました。
空へと飛びあがった光景で、余裕たっぷりのエンディングは、とても期待感を持たせてくれました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

出版社おすすめ


儀間 比呂志さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねむりむし じらぁ / りゅうになりそこねたハブ / やんばるのカメさん / わらしべ王子 / 赤牛モウサー / りゅう子の白い旗



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

飛びアンリー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット