ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
タンタンコロリン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タンタンコロリン

作: 沼野 正子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「タンタンコロリン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月

2才〜4才向き
こどものとも年少版 2010年10月号 ページ数: 24 サイズ: 21X20cm

出版社からの紹介

タンタン山の柿の木に、ひとつ残った柿の実は、真っ赤にぐんぐん大きくなって、「タンコロリン」になったとさ……。東北の妖怪の伝承を元に、新たな物語が生まれました。枝からぽーんと飛び降りて、山を下って川を越え、タンコロリンの向かった先は、なんと温泉!? 昔話に現代的なテイストが加わった不思議な世界を、たっぷり味わってください。

ベストレビュー

リズムがあって楽しい♪

柿の実が主役になっている絵本です。
初めはなんの絵かわからなかったのですが、
読んでいるうちに、リズムがあって、とっても
楽しくなってきた絵本でした。
「タンタンコロリン タンコロリン」という
なんともかわいらしいフレーズが、とっても気に
いってしまいました♪
最後は柿の実が、何にかわってしまうんでしょう??
読んでみてのお楽しみですね♪
(スケボウさん 30代・ママ )

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

沼野 正子さんのその他の作品

おにつばとうさん / 地獄めぐり 鬼の大宴会 / 地獄めぐり 針山つなわたり / 地獄めぐり 閻魔庁から / にしまち3ばんちの ねこたち / ようかいさんは どこ?



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

タンタンコロリン

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット