まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
3びきのこぐまさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

3びきのこぐまさん

作: 村山 籌子
絵: 村山 知義
出版社: 婦人之友社

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「3びきのこぐまさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年
ISBN: 9784829201138

A4判変型・44頁

出版社からの紹介

永遠のファーストブック! こぐまの兄弟がゆかいな仲間と大活躍。
知義のモダーンな絵と籌子の文は、新鮮な魅力がいっぱい。子どもも大人も楽しめる絵本。

ベストレビュー

ノスタルジー

1924年〜28年に「子供之友」という雑誌に連載された絵ばなしを一冊にまとめた絵本です。村山籌子(かずこ)さん:作、知義さん:絵、ご夫婦の共作です。
絵本というより、少し漫画に近い感じもします。

三匹のこぐま(三つ子のようです)の日常のちょっとしたことを2ページ〜4ページのおはなしにして、それが12編入っています。「牛乳が嫌いで飲めませんでしたが、おかあさんが暖めて角砂糖を一つ入れてくださいましたら、おいしくて、飲めるようになりました」という他愛もないおはなしから、「まほうつかいのかくれぼうしを拾ってかぶりましたら、姿が見えなくなりました」というちょっと不思議な感じのおはなしなど、いろいろなパターンのおはなしがあります。
大正末期〜昭和初期に描かれたおはなしなのに古臭い感じなど微塵もなくて、言葉遣いがとても柔らかく、上品で、ほんわかとした気分になれるのです。

子どもには、おはなしを一つ読むよりも何篇かまとめて読んだ方が、こぐまさんたちに対する親近感が増すようです。
布団に転がって本を親子で覗き込みながら読みたい絵本です。

(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村山 籌子さんのその他の作品

かさをかしてあげた あひるさん / なくなったあかいようふく / 紙芝居 三びきのこぐまとケーキ / 紙芝居 三びきのこぐまとひよこ / 紙芝居 おしろさんとおくろさん / 紙芝居 あひるさんとにわとりさん

村山 知義さんのその他の作品

おとしたのはだぁれ / おなかのかわ / 巨人の風車 / 岩波少年文庫 557 ロビン・フッドのゆかいな冒険 1 / 岩波少年文庫 558 ロビン・フッドのゆかいな冒険 2 / 村山籌子作品集3・川へおちたたまねぎさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 3びきのこぐまさん

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

3びきのこぐまさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット