ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくんちカレーライス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくんちカレーライス

  • 絵本
作: つちだ のぶこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784333021550

みどころ

なんだか急にカレーライスが食べたくなってきた時、「きょう ゆうごはん なにが いい?」ってママが聞くから。ぼく、言っちゃうよね。
「カレーライス!」

八百屋さんで会ったくんちゃんに「きょう ぼくんち カレーライス」って自慢したら、くんちゃんも食べたくなっちゃって、聞いていた八百屋さんもなんだか食べたくなっちゃって。お肉屋さんも、つけものやさんも、曲がり角であった裏のおばあちゃんにまで「なんだかカレーライスが食べたくなっちゃう」気分が伝染していきます。とうとうレストランにも「カレーライスプリーズ」って注文が入り…!?

ああ、わかりますよね、この現象。そろそろ食べたいなあと思っていた頃に「カレーライス」っていう言葉を耳にしてしまったら、もう頭の中にはカレーの味が広がってしまって止まらないのです。これを「カレー食べたい病」というのでしょうか。強力な伝染力です。

そして最後の一押しが、どこかの家から漂ってくる「カレーの匂い」。もう、この頃には絵本に登場するほとんどの人が病にかかって、うっとりした顔をしています。

「みんながカレーを食べたくなる」というシンプルなお話なのだけれど、つちだのぶこさんが描く商店街や食卓はなんだか懐かしく、ユーモラス。どのページにもずっと眺めていたくなるような情報がたっぷり詰まっていて、何回読んでも飽きることはありません。そして、なにより“ぼく”のうちのカレーライスが最高に美味しそうなのです!

この絵本は、「今日はカレーにしようかな」って思っている日に読むのがオススメです。だって、読んだ後に本当にカレーを食べられる幸せっていったらないですよね。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぼくんちカレーライス

出版社からの紹介

ぼく、急にカレーが食べたくなっちゃった。
そしたら、くんちゃんも肉屋さんも隣のおばさんも、カレーが食べたくなっちゃった。
いい匂いが画面から漂ってきそうで、きっと「カレー食べたい病」にかかってしまう絵本。

ベストレビュー

うちもカレーライス!

カレーが嫌いという子を探すほうが難しいくらいカレーは何とも食欲そそります。
そんなみんな大好きなカレーがテーマの絵本。つちだのぶこさんが書くのだから面白くないわけがないと思ってページをめくりましたがやっぱり面白い!!
くんちゃんも登場します。

ストーリーはわかりやすく、会う人みんながカレーが食べたくなって夕飯をカレーにしちゃうという流れなのですが、読んでるうちにこちらも気分はカレー!

カレー大好きな息子はおれも今日はカレー食べたい!!

ご多聞に洩れず、つちださんマジック?でカレーが食べたくなってしまいました!

幼稚園のカレー会食のある日に子どもたちに読み聞かせしてあげたい一冊です!
(Pocketさん 30代・ママ 女の子12歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ のぶこさんのその他の作品

おひさまのほん かさじおやぶん いっけんらくちゃく! / 泣いた赤おに / ぜったい くだものっこ / だいすきのみかたパンツちゃん / げんきのみかた パンツちゃん / おんなじ おんなじ おんなじね



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本




全ページためしよみ
年齢別絵本セット