うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
月夜のオーケストラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月夜のオーケストラ

作・絵: イエンス・ラスムス
訳: 斉藤 洋
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「月夜のオーケストラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784097272120

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

本を逆さにしながら読むファンタジー絵本。
満月の夜、逆立ちをしていた少女が迷い込んだのは、不思議なさかさまの世界でした。ドイツの新鋭絵本作家が描くファンタジー絵本。

ベストレビュー

読み方が面白い絵本

表紙をよくみてください!
なんかちょっとほかの絵本と違うの分かります?!

うちの息子はそれに気づいて、めっちゃびっくり!!
なんでぇ〜とそこからお話の世界に一気に突入でした。

なんでそうなのかは読み進めていくとわかるのですが、
この仕掛けが楽しいですね。

逆さにみると、世界はこんなふうになっているのかしらという気分になります。

内容も夜の冒険といった感じなので、女の子が主人公ですが、
息子は気に入っていたようでした。
なにより、飛行機やヘリコプターとかではなく、ボートをこぐという演出が、お話にすごくあっている感じがしました。

ちょうど今日は中秋の名月。
息子も月に行きたくなったのか、逆立ちに何度も挑戦していました。
本当にお迎えがくると思っていたのかしら?!
なんて、子供の行動についつい笑ってしまった絵本でもあります。
作者もたぶん、こんなふうだったらいいなあと思っていたのでしょうね。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / こうえんのおばけずかん じんめんかぶとむし / サブキャラたちの日本昔話 / シンデレラのねずみ / みんなのおばけずかん あっかんべぇ / ナツカのおばけ事件簿 (16) 図書館の怪談



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

月夜のオーケストラ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット