だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ワンダー民話館 さるかにがっせん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワンダー民話館 さるかにがっせん

  • 絵本
文: 常光 徹
絵: 滝原愛治
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥476 +税

「ワンダー民話館 さるかにがっせん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

代表的な民話がかわいいイラストとともに楽しめます!
意地悪な猿をそれぞれの個性で懲らしめる痛快なお話。ワンダー民話館第1期6巻同時発売。

ワンダー民話館 さるかにがっせん

ベストレビュー

昔話はいいですねぇ〜

 内容は誰もが知っている昔話。
ただ、このシリーズの本は、サイズが小さすぎもせず大きすぎもせず、なんともちょうどいい。
 小さいサイズの昔話の絵本はよく出ていますが、絵が漫画じみていたり、逆に大人っぽすぎたり・・・という感じではないですか?
 この世界文化社のワンダー民話館シリーズは、愛らしい絵でなおかつ昔話の雰囲気を守っている本です。
 やはり日本の昔話を子どもに読み伝えたいという気持ちは、多くの方が持っていらっしゃると思います。
 そんな方にぜひ、揃えていただきたいシリーズです。
(あやまつさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

常光 徹さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (20) 妖怪たちの林間学校 / 怪談オウマガドキ学園(17) 旧校舎のあかずの部屋 / 怪談オウマガドキ学園(16)保健室で見たこわい夢 / みたい!しりたい!しらべたい!日本の学校の怪談絵図鑑(1) 教室でおこる怪談 / 日本の都市伝説絵図鑑(3) 乗りものと都市伝説 / 日本の都市伝説絵図鑑(2) まちなかのとしでんせつ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ワンダー民話館 さるかにがっせん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット