モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ふくろうおばけとゆうれいねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふくろうおばけとゆうれいねずみ

  • 絵本
文: ジークリット・ホイク
絵: ベルンハート・オーベルディーク
訳: 那須田 淳 木本 栄
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ふくろうおばけとゆうれいねずみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

オーベルディークのこだわりのある絵がいい!

読み終わってから邦訳に那須田淳さんが関わっていらっしゃるのに気が付きました。
うん。なんか、那須田さんがお好きそうなお話だなってちょっとニヤニヤしちゃいました。
ベルンハート・オーベルディークという方が描いています。
作者といい、日本人では舌をかみそうな名前ですね〜。(オーストリアかドイツの方のようです)

一つ一つの風景や動物たちがとても細かく丁寧に描かれていて、
1ページづつ見応えがありました。
特に像のおしりのしわ具合とか、サーカスのテントを上から見下ろした風景とか、フクロウが置かれたネズミのいる屋敷の屋根裏部屋の風景とか、いいですね〜。
くもの巣の張り具合なんて、こだわりを感じます。

途中から物語は人間側の流れと、ふくろうとねずみの流れができますが、それぞれの目線が面白かったです。
小学校の4年生くらいのお子さんからお薦めしたいです。
特に動物が好きな子やおばけの話が好きなお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

那須田 淳さんのその他の作品

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / ポプラ文庫ピュアフル 星空ロック / ポプラ世界名作童話(4) アルプスの少女ハイジ / 笑い猫の5分間怪談(1) 幽霊からの宿題 / 笑い猫の5分間怪談(2) 真夏の怪談列車 / おおかみと 七ひきのこやぎ

木本 栄さんのその他の作品

世界名作ショートストーリー ヘルマン・ヘッセ 子ども時代より / ひみつのプクプクハイム村 / 14歳、ぼくらの疾走 マイクとチック / ミルクマンという名の馬 / ミムス / 帰ってきた半ズボン隊 (上)事件編



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ふくろうおばけとゆうれいねずみ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット