くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おかぁさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかぁさん

文: もっち
絵: 江頭 路子
出版社: ナツメ社

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おかぁさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784816350375

A5変・32頁

出版社からの紹介

抱っこをしてもおっぱいをあげても泣きやまない赤ちゃん、慣れない育児に新米お母さんは途方にくれてしまいます。そんなお母さんを元気づけ、赤ちゃんへの愛情を再認識できる詩を、絵本仕立てにした一冊です。

ベストレビュー

赤ちゃんからのメッセージ代弁

「おかぁさん 私のことを愛して下さい
わたしは泣くことしかできません
でも、決してあなたのことを困らせようとしているのではないのです」

本文から引用させていただきました

そう!そう!そうなんです
言葉できちんと説明出来ないから
「泣く」手段しかないのであって
おかあさんを責めているわけではないです

って、私の場合は保育士を
させていただき
自分の子どもを育てる前に
いろんなお子さんと出逢いましてもんで
わかっているつもりでした

それは、息子を産んで
「つもり」であることがわかったんです
超!!夜泣きはする
忙しい時に限って発熱・・・
育児って
こうも思い通りにいかないものなんだ・・・と

でも、義母がひとこと
「赤ちゃんは、泣くのが仕事だものねぇ〜」って(笑
救われました

この絵本に出逢って
何人の新米ママが
肩の力が軽くるでしょう

赤ちゃんからのメッセージ
として
素直に読んでほしいです

どうぞ、どうぞ、虐待という言葉が
消えてなくなりますように・・・
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

江頭 路子さんのその他の作品

なきごえたくはいびん / あかりさん、どこへ行くの? / 夢は牛のお医者さん / わたし、もうすぐ 2ねんせい! / おかあさんのいのり / せんそうしない



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

おかぁさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット