しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
どうなってるの? からだのなか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうなってるの? からだのなか

  • 絵本
文: ケイティ・デインズ
絵: コリン・キング
訳: 福本 友美子
監修: 黒川叔彦(くろかわ小児科内科・医学博士)
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年05月
ISBN: 9784893258861

4、5歳から
29×23p 16頁

出版社からの紹介

めくって びっくり!めくって なるほど! 食べ物はどこへ行くの?息を吸うと肺の中はどうなるの?手や足はどうやって動くの? 
脳はどんな働きをしているの?しかけをめくれば、体の神秘が明かされる!57のしかけ入り絵本。

見開きに8か所のしかけ。めくっていくと、食べ物のゆくえと内臓の働きがわかります。
(P2-3「食べものの通る道」より)

内容紹介

食べた物はからだのどこにいくのか、息を吸うと肺の中はどうなるのか、脳はどんな働きをしているのか、おしっこは何からできているか…。自分のからだの中がどうなっているのかがわかる、めくって楽しいしかけ絵本。

ベストレビュー

幼児期でも!

「からだのなか」のことは,幼児期のうちに何かしらのカタチで教えてあげたいと思っていました。
一番大切で一番身近なことなので。
こちらの絵本はしかけ絵本なので,わかりやすく,また楽しみながら,学ぶことができる絵本だと思いました!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子6歳)

おすすめレビュー

人体に興味を持ったら

体の内部がめくってわかる仕掛け絵本になっています。 めくった中にも解説があって人体の仕組みを知る入門編としては、とてもよくできています。 高学年以上になったら、もう少し専門的な図鑑のほうがいいかもし…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケイティ・デインズさんのその他の作品

うんちのおはなし / あかちゃんはどこからくるの? / てんきはどうしてかわるの? / ポケット版 世界の海1001のさがしもの / ひとりよみ名作 バレエものがたり / はなはどうやってそだつの?

コリン・キングさんのその他の作品

どうなってるの?うみのなか / どうなってるの?きしゃとでんしゃのなか / どうなってるの? きかいのなか

福本 友美子さんのその他の作品

おはよう、はたらくくるまたち / なるほどわかった コンピューターとプログラミング / きれいずき / 「おやすみ、はたらくくるまたち」「よるのきかんしゃ、ゆめのきしゃ」ギフトセット / だいすきぎゅっぎゅっ ギフトセット / ふたりはバレリーナ



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

どうなってるの? からだのなか

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット