なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
よろしく ともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よろしく ともだち

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年05月07日
ISBN: 9784032323900

25cm×21cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

新刊発売記念 おれたち、ともだち!絵本 レビュー大賞
「おれたち、ともだち!」絵本 レビュー大賞決定!

みどころ

もう11冊目にもなるんですね!キツネとオオカミのコンビでお馴染みの「おれたち、ともだち!」シリーズ。二人の様々なやり取りを通して、「ともだちって何だろう」そんな素朴な疑問に答えてくれているようで、どのお話も心に刺さるのです。
それにしてもこのシリーズ、読めば読むほどオオカミの人間クサイ(!?)キャラクターの魅力にどんどんはまってしまいます。特に今回は、そのあまりの不器用さ、一生懸命さに泣けてきちゃうんです。
いつもキツネやオオカミが楽しそうに遊んでいる様子を遠くから見ているコダヌキ。仲間に入りたいと思っているのですが、オオカミが怖くてなかなか勇気が出ない。一方でコダヌキが仲間に入ってこられない理由を知ったオオカミは大ショックを受けて・・・。
まあ、確かに小さなコダヌキから見たら、オオカミなんて怖いに決まっていますよね。迫力あるし、笑った口から牙なんかがちらっと見えちゃったら・・・。
でも、そこでオオカミは悩むんです。真剣に、一生懸命に。
「強くて優しい」オオカミになろうと、「乱暴者で弱虫」になっちゃだめだと。
その奮闘ぶりがこの絵本の一番の山場。
お互いを理解するって、時にはとても大変で、遠回りをしたりもするけど、でもやっぱりそういうやり取りってとても大切なことだよなぁ、と改めて感じてしまいます。
それぞれの可愛い奮闘振りを楽しんでくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

よろしく ともだち

出版社からの紹介

『ともだちや』にはじまる、大人気「おれたち、ともだち!」絵本シリーズ11冊目になる、
最新刊です。

今回はあたらしい友だちコダヌキが登場。コダヌキはキツネやオオカミたちが楽しそうに
遊んでいる様子をみて、仲間に入りたいなあ…といつも思っていますが、するどい"きば"を
もつオオカミが怖くてなかなか勇気がでません。

コダヌキが丘をおりてこない理由を知ったオオカミは大ショック! 一生懸命やさしい
オオカミであることを伝えようとするのですが、なんだか空まわりばかり…。

さて、ふたりは仲良くなれるのでしょうか?

ベストレビュー

“とってもとってもwelcome〜♪”な気持ちが伝わらない

 小学校のお話会で、毎年2年生に共通本として「おれたち、ともだち!」シリーズの中から
1冊選び読んでいます。
 「ともだちや」を知っている子がほとんどで、表紙絵を見せるだけで「知ってる、知ってる〜〜〜!
オオカミ大好き〜♪」って歓声があがります。

 さて、11作目となる今回の新しいともだち候補はコダヌキくん。
 いますよねぇ〜。こういう子。
 遊んでいる子どもたちの輪の中に入りたいけれど、なかなか一歩を踏み出せない子。
 でも、コダヌキくんにとってのハードルは、“恥ずかしい”とかって言う事じゃなかった。
 “怖〜い”オオカミくんでした(笑)。

 オオカミくんには気の毒なことに、彼の鋭い牙やら有り余る元気さや大声がコダヌキくんを
臆病にしてしまっていました。
 オオカミくんの“とってもとってもwelcome〜♪”な気持ちがなかなか伝わらないんです。
 このシリーズを読んでいる子たちは、きっと読みながらオオカミくんのことを「オオカミは
いいやつだから!」って弁護してくれていたんじゃないかしら。

 見た目だけで避けられるって悲しいですよね。
 オオカミくん本人にはどうすることもできないんですもの。
 でもでも、一生懸命コダヌキくんに近づこうと努力するんです。
 オオカミくんのこの姿が、けなげで可笑しいけれどちょっとがかわいそうでした。

 さてさて、どうなるのかな?って思っていたら、やっぱりオオカミくんの最大の理解者
であるキツネくんがコダヌキくんに寄り添って、・・・。
 このあとのオオカミくんの“熱い熱いともだちを求める思い”に13歳の息子と一緒に
泣き笑いでした。

 キツネくんを介してオオカミくんの優しさに気づけたコダヌキくんも良かった。
 “近づいてみなきゃ素敵なともだちは増えないんだ”って事にも気づけたんじゃないかしら?

  読後「僕も初めて『ともだちや』のオオカミを見た時、コダヌキみたいにビビッたよ」って、
息子が笑っていました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / イソップ物語 / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち

降矢 ななさんのその他の作品

かまきりとしましまあおむし / 宮沢賢治の絵本 黄いろのトマト / まゆとうりんこ / 三本の金の髪の毛ー中・東欧のむかしばなしー / おれたち、ともだち!(全11巻) / いまむかしえほん(10) ききみみずきん



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

よろしく ともだち

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット