もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ローラのすてきな耳
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ローラのすてきな耳

  • 絵本
作: エルフィ・ネイセ
絵: エリーネ・ファンリンデハウゼ
出版社: 朝日学生新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

ローラは耳がよく聞こえない。話しかけられても、聞き取れないことがあるから、遊びの仲間にも入れてもらえない。悩んでいたローラは、補聴器をもらって…。耳が聞こえにくい女の子の気持ちを素直に描いた絵本。

ベストレビュー

難聴の少女と補聴器

難聴の少女ローラの独白です。
耳がよく聞こえないということがどういうことなのか、
ローラの語るエピソードからよくわかります。
「私のせいじゃない」というセリフが心に響きます。
後半は、補聴器という強い味方が登場します。
補聴器にはこんな使い方もあるのですね。
これも、健常者にはなかなかわかりにくい感覚ですから、
なるほど、の世界です。
「私って、すごいんだよ」というローラの言葉が素敵です。
ローラからのメッセージ、きっと同年代の子どもたちに届くと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルフィ・ネイセンさんのその他の作品

でも、わすれないよベンジャミン



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ローラのすてきな耳

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット