あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
小さくても大きな日本の会社力 4
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さくても大きな日本の会社力 4

作: こどもくらぶ編集部
出版社: 同友館

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

本当によい会社とはどんな会社か。全国から注目されている素敵な会社を紹介する、将来の仕事選びに役立つシリーズ。本書では、軽消防ポンプ自動車を開発した会社など、地域のためにはたらく会社を紹介。

ベストレビュー

会社は社会のために

会社の目的は営利ではなくて、社会に貢献することである。
何かでそのように語られている本を読んだことがあります。
社会に理解されることが、会社力なのでしょう。
とはいっても、会社が小さければこれが大きなハードルとなってしまいます。
この『小さくても大きな日本の会社力<4>』では、地域のために働くという観念で、軽自動車をベースにした消防車、小さな旅館のおもてなし術、北海道内でしか販売されない洋菓子、利用者の希望の先にそった傘づくり、と様々な観点から、地域・社会に密着したサービスを展開している会社が紹介されています。
それぞれが、ユーザーのニーズを第一に考え、具現化したことで、社会から認知され成功した会社です。
この視点はとても重要だと思います。
自分の将来はお金だけではないのだから、やりがいのある仕事を見つけてほしい。
そう考えると、日本の会社で大半を占める中小企業の、きめの細かさと、中小企業だからこそできるこまわりが提示されている本はとてもありがたいと思いました。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中

こどもくらぶ編集部さんのその他の作品

まちのしくみ / 透視絵図鑑なかみのしくみ キッチン / 辞書・事典のすべてがわかる本 / 透視絵図鑑なかみのしくみ / 目でみる1mmの図鑑 / 外国語でスポーツ 1 英語でスポーツしよう!あそぼう!



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

小さくても大きな日本の会社力 4

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット