ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
おやゆびさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おやゆびさん

  • 絵本
作: 風木 一人
絵: ひろかわ さえこ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月27日
ISBN: 9784790252320

2〜3歳児
上製 縦22.0×横21.0cm(表紙縦22.6×横21.3cm)
24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

このお話の原稿を読んだとき、編集部では「ストーリーのように指がつくか?」という話で持ち
きりでした。早速、園で子どもたちと実験してみました。すると、人差し指と薬指がつく割が80%、
小指と人差し指に関しては50%。この割合はおとなでも似たようなものですが、担当編集者の私は、
小指と人差し指がどうやってもつきません。どうやら年齢や指のやわらかさは関係ない様子。
作者の風木先生は、小指と人差し指をつける練習をしたらくっつくようになったとか…。
このお話は手遊びの本として作ったわけではないのですが、読みながら指を動かして、子どもたち
といっしょに遊べるのが魅力的です。おとなも子どもも楽しみながら読んでくださいね。

【著作者プロフィール】

■風木一人(かぜき・かずひと)/東京生まれ。作品に『わーらった』(講談社)『たいようまつり』(イースト・プレス)『ぷしゅ〜』(岩崎書店)『ながいながいへびのはなし』(小峰書店)、翻訳に『おおきな木のおはなし』(ひさかたチャイルド)『とりとわたし』(あすなろ書房)など。
■ひろかわさえこ(ひろかわ・さえこ)/北海道生まれ。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。
作品に『あさですよ!』『よるですよ!』(鈴木出版)「ぷくちゃん」シリーズ(アリス館)「やさいむらのなかまたち」シリーズ(偕成社)『あいうえおのきもち』(講談社)など。

ベストレビュー

斬新で楽しい!

まず、表紙の絵が斬新!
なんだ、これ?と思って開きました。
そしたら、出てくるのは手だけ。
よくある、かわいいうさぎちゃんtか
女の子とかそんなのは一切出てきません。
指に顔がついた手だけ。
親指さんが離れてついていることに着目して
それぞれの指同士の関係が描かれます。
実際に指を動かしながら読みました。
子どもも5歳児なので、ついてこれました。
すべての手の動きができたのですごい!と
感動(親ばか)。
親子で楽しめる絵本です!
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


風木 一人さんのその他の作品

かべのむこうになにがある? / たまごがあるよ / ニワトリぐんだん / とりがいるよ / うしのもーさん / ぬいぐるみおとまりかい

ひろかわ さえこさんのその他の作品

だいすきだよ / ぞろりぞろりとやさいがね / わかってるもん / まーだだよ / あと、いくつ? / みかんちゃん



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

おやゆびさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット