だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サンタウッドとトナカイ色の満月の夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタウッドとトナカイ色の満月の夜

  • 絵本
作・絵: 高山みえこ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,300 +税

「サンタウッドとトナカイ色の満月の夜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

100人のサンタが町にやってきた! 一年に一度だけあらわれる、ふしぎな町「サンタ ランド」。サンタクロース・ウッドのすてきな休日のはじまり、はじまり…! 
とっても愛らしい粘土細工のサンタさん!!
――もしも、サンタクロースが100人いたとしたら…。 あなたなら、この絵本の中の、どのサンタクロースにプレゼントを届けてほしいですか?――高山みえこ

ベストレビュー

眺めているだけでも楽しい!

小さな粘土細工を物語に仕立てた写真絵本です。100人のサンタさん・プレゼントの包装からくみひも・本や恐竜の模型といった雑貨類。細部に至るまで非常に凝ってあります。これらを眺めているだけでも楽しいし、またそれぞれのサンタさんの表情が可愛らしい。全てお手製というから凄い!

サンタさんのウッドが出掛けた先はサンタしかいない町「サンタランド」 お店巡りをしているうちに悪事をはたらくサンタの一行に出会います。ウッドさん一喝!すると・・・?

悪者退治かと思ったら違い、どのサンタさんも目いっぱい楽しく過ごすお話でした。

作者は問い掛けています「あなたならどのサンタクロースにプレゼントを届けてほしいですか?」――(内容をばらしてはいけないので詳述しませんが)私は最後のページに登場する大きな袋の中身が気になりました!
 年齢問わず楽しめます。読むには12月初旬が最適かな。クリスマスが待ち遠しくなります。
(そやでさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

サンタウッドとトナカイ色の満月の夜

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット