新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
海へさがしに

海へさがしに

  • 絵本
作・絵: デブラ・フレイジャー
訳: 井上 荒野
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「海へさがしに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年4月20日
ISBN: 9784834017694

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「あなたが生まれた日」のデブラ・フレイジャーの第2作。
ママは言います。「海はね ねがいを きいてくれるのよ。お願いしたら さがしてごらん。ほしいものが みつかるから」。海におねがいしてさがしてみたら、いろいろなものが見つかりました。貝殻や鳥の羽、すべすべになったガラスのかけら、遠い国からの木の靴、ヤシの実・・・。それは家に持ち帰ってわたしの大事な宝ものになりました。でも、お願いしなくても、海にはいつも、持ち帰ることのできないものがありました・・・。太陽や海の水、月の銀色の光や波の音・・・。いつもは忘れがちな大自然です。
海にお願いしてそれをさがしているうちに、小さな宝ものを見つけた喜びが、もっと大きな自然を発見する驚きへとくりひろげられていきます。本書では、漂着物のお話が、海辺での母と子を通して、自然にそして詩情豊かにうたいあげられています。巻末には漂着物をめぐる楽しい「海の新聞」も付いています。

ベストレビュー

海にいったら下を向いて・・

美しい浜辺の写真とポップな絵(型押しした厚紙だとか)の組み合わせで自然の大切さを語る絵本です。

私が育ったのは浜辺のすぐ近くでした。
遊び場所といえばその浜辺で、
この絵本のようによく色々なものを拾ったものです。
今でも海にいくとひとしきり大きな海の向こうを眺めたあと
下ばかり向いて浜辺を歩きます。
海やそこに落ちているものは色々なことを教えてくれます。
この絵本の作者はフロリダで育ったとのことで
南の海の貝殻、サメの歯なども拾います。

巻末にはそれら海で出会えるものの解説もあり
また作者がこの本を製作する過程をつづった話も。

お話もよいけれど、ただ眺めるだけでも素敵な1冊です。
海に行きたくなってきました。
(ちびびさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デブラ・フレイジャーさんのその他の作品

あなたがうまれたひ

井上 荒野さんのその他の作品

その話は今日はやめておきましょう / そこにはいない男たちについて / よその島 / あたしたち、海へ / ひみつのカレーライス / オカネ・モッチャが見つけたしあわせ



5月の新刊&オススメ絵本情報

海へさがしに

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット