もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
子ども版 声に出して読みたい日本語(7)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子ども版 声に出して読みたい日本語(7)

作: 斎藤 孝
出版社: 草思社

在庫あり

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

ベストセラー「声に出して読みたい日本語」を、著者が子ども向けの教育的な絵本として編んだ、子ども版シリーズ。本巻では「吾輩は猫である」「たけくらべ」「金色夜叉」など古典を収録。朗読して楽しむ本。

ベストレビュー

近代文学

近代文学の有名どころをかき集めてきたっていう感じの一冊です。
とても懐かしく読ませてもらいました。

せっかくなので、子どもにも読み聞かせてみました。
どこで聞いたか「吾輩は猫である」と「走れメロス」の1フレーズを
覚えていたのにはびっくり。
「蜘蛛の糸」は、以前絵本を読んだことがあるので知っていたこともあり、
取っつきやすかったようです。

この絵本の解説に、「どこを切り取ってもやっぱりいい、それが名作」
と書いてありましたが、激しく同意してしまいました。
子どもが聞いても、心に残る一文がある。それが近代文学の良さなのかな。

さて、一冊読み終えて息子に好評だったのが、芥川龍之介の「鼻」、
そして一番のお気に入りは、夏目漱石の「坊っちゃん」です。
想像して楽しい「鼻」、言葉遊びみたいな会話のやりとりが楽しい
「坊っちゃん」の一文、読み返しては大笑いしていました。

多少の言い回しの難しさは、楽しいイラストでカバーできているので、
抵抗無く読む気になったようです。これを気に、近代文学を読み、この
ストーリーの前後を知りたくなりました。

この絵本を読んだ後、たまたま学校の給食メニューをみたところ、
「菜めし」と書いてあり、「坊っちゃん」を思いだした息子は、
「なもしと菜飯とは違うぞな、もし!」と言って笑っていました。
この絵本のおかげで、新しい1フレーズを覚えたようです。

是非、揃えておきたいシリーズだと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子10歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

斎藤 孝さんのその他の作品

これでカンペキ!マンガでおぼえる四字熟語 / ピカピカ俳句 こころをピカピカにする、親子で読みたい美しいことば / ピカピカ論語 こころをピカピカにする、親子で読みたい美しいことば / 齋藤孝の親子で読む国語教科書 6年生 / 齋藤孝の親子で読む国語教科書 4年生 / 齋藤孝の親子で読む国語教科書 3年生



tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

子ども版 声に出して読みたい日本語(7)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット