ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
ぐらぐらの歯
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐらぐらの歯

  • 児童書
作: ドロシー・エドワーズ
絵: 酒井 駒子
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2005年11月
ISBN: 9784834021547

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から
ページ数: 144 サイズ: 21X16cm

8〜9歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お姉さんの目から見た妹の日常がユーモラスに愛情を込めて語られます。おてんばでお茶目な妹が巻き起こす騒動を生きいきと描くイギリス幼年童話の傑作。

ベストレビュー

きょうだいっていいね

幼稚園のゲームで先生全員の好きな本を当てる、というゲームがあり、娘の担任の先生(とっても素敵)の好きな本がこれ、ということで早速購入して読みました。童話の域に入るかな。
おはなし、翻訳の仕方、挿絵のどれもすべて文句なく素晴らしいです。
このやんちゃな妹を取り巻く人々の善意、機知に富んだ妹への接し方、そしてきかんぼで頑固な妹がまんまとその手にひっかかるというおもしろさ。
「わたし」であるお姉さんの妹への愛情に満ちたまなざしも感じられていいです。彼女もお母さんから愛情をいっぱい注いでもらったのでしょう、妹に振り回されながらもあたたかくおねえさんらしく応援している様子が感じ取れます。

翻訳もすばらしいです。外国の童話を翻訳にままありがちな固さがなく、気品にあふれた文章です。翻訳者のかたに大拍手。ですます調の訳がこの本をとても上質なものにしあげています。

絵もこれまた素敵。カラーの画集なんかでたらいいのにな、と思っています。

娘のお友達姉妹にまるでそっくりなので思い出して笑ってしまいました。続編もでるようなので是非そろえたいとおもいます。
(もぞもぞさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドロシー・エドワーズさんのその他の作品

いたずらハリー / おとまり / きかんぼのちいちゃいいもうと

酒井 駒子さんのその他の作品

カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / マルの背中 / 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 / なきむしこぞう / ヨクネルとひな

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



『いちにちじごく』作者インタビュー

ぐらぐらの歯

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット